知っておこう、開店祝いの贈り物と金額の目安

家族や身内、友人あるいは取引先企業がお店を開いたり会社などの開業をするにあたり、おめでとう、これから頑張ってねという心を開店祝いの贈り物に込めます。
このように、先方様のこれからの挑戦を祝福する気持ちを、贈り物という形にしたいと思うものです。
そういった時に相応しい贈り物は、どのような物でしょうか。

贈り物にかける費用の目安とは

会社の開業やお店を新規開店したという情報を得た時、喜ばしい思いを形にしたいとは思うものの、どのような物を開店祝いに贈れば良いのか考えてしまうものです。
まず、一般的にどのくらいの予算を見ておくと良いのか把握しておくと、贈り物もある程度絞り込むことができます。
贈り物を身内へ贈る場合は兄弟関係なら2万円位から3万円程、親や子供なら3万円位から5万円位、親戚だと1万円位から高くて5万円位の間が相場となります。
贈り物を贈る相手が知り合いや気心の知れた友達なら、5000円位から1万円位が目安です。
そして、普段お世話になっている取引先に贈る場合は1万円台から3万円程、大切なお得意様なら3万円台から5万円程が、贈り物にかける金額の目安となります。

贈り先によって贈る品物の内容が変わる

もし家族や身内であれば、時計や電化製品のような実際に使えて役に立つ物を開店祝いに贈る方法もありますが、何かの足しにしてもらいたいという思いで、現金を贈り物の代わりとする人もいます。その場合は、予想金額よりも多くする人もいます。
また、知り合いや気心の知れた友達に対して贈りものをする場合、相手の好きなものだったり、そのお店や会社のイメージにフィットするような観葉植物や花を選ぶ人もいます。
さらには、今後使用できる電化製品のようなものでも予算内なら可能ですが、先方が用意した品物と重ならないように、あらかじめリサーチするのも良い方法です。
普段お世話になっている取引先や大切なお得意様なら、電化製品や雑貨など使える品物が最適です。
注意点としては、そのお店や会社のイメージにフィットする物を選ぶことです。
そして贈り先の人や他の人が選択しそうな品物は控えましょう。

贈り物に困った際の方法と、贈り物に不向きな品物

贈る相手で贈り物の品物が違ってきますが、中には「何を選んで良いのか思いつかない」という人もいるでしょう。
その場合はあえて残るものではなくて、みんなが簡単に口にできるような菓子類や飲み物を選択するという手もあります。
品物を吟味すれば他の人と品物が重なる心配も少ないですし、贈られた側にとってもひと息とついた時にいつでも手に取れる気軽さがあります。
それ以外にはその予算内の品物を贈ることができる上に、贈られる側がチョイスできる「カタログギフト」を贈ることができます。
こちら側が何を選択して良いのか分からなくても、カタログを見た人が自分の要望に合ったものを選択できますので、便利といえます。
しかし、開店祝いの贈り物として避けた方が賢明なものがあります。
例えばライターやストーブ、灰皿、赤い色の花は「赤字や家事」といった負のイメージに繋がりますので、気にする人ばかりではないにしても控えましょう。