覚えておきたい開店祝いのマナー

最近では働き方が多様となっているため独立起業する人が多くいます。身内や知り合いが新しい店を出した時は開店祝いを行うのが当たり前ですが、その際に失礼があってはいけません。開店祝いのマナーを押さえておきましょう。

相応しい贈り物

開店祝いでは贈り物をするものですが、では一体何を贈ればよいのでしょうか。基本的には特に決まりがあるわけではありません。そのため相手が喜びそうなものを贈るとよいでしょう。しかしよく分からない場合には次の3つがオススメです。1つ目はカタログです。開業したばかりの際には必要なものが多くあるものですが、カタログでは自由に選ぶことが出来るため非常に便利です。また贈る側としても知識が必要なく、無難であると言えます。2つ目は花です。開店祝いの代表的なものであり、貰った人も喜ぶことでしょう。花を贈る場合、一般的には胡蝶蘭が良いとされています。3つ目はお酒です。お酒は縁起物とされており開業祝いに贈る人は多いです。またお酒にはブランドごとに意味があるので事前に確認し、お店に合ったものを選ぶと良いでしょう。

お祝いを贈る時期

贈り物を決めたら次はいよいよ贈る段階に入るわけですが、時期は決して間違えないようにしましょう。時期を間違えてしまえばせっかくの贈り物も台無しです。開店祝いを行う時期は基本的には開店の1週間前から前日に行います。開店の連絡を早い段階で聞いているのであれば、開店の1週間前にこだわる必要もないので、出来る限り早くお祝いを行うようにしましょう。もし開店日を過ぎてしまった場合には贈り物だけでなくメッセージを添えることも大切です。あまりに時間が経ち過ぎている場合には1周年のような記念日にお祝いを行うのが無難です。しかし、もし贈り物として花を選んだ場合は必ず開店日当日の午前中に贈らなければなりませんので注意が必要です。

メッセージの注意点

開店祝いの際、贈り物だけでなくメッセージも添えると相手は非常に喜びます。余裕があればメッセージも添えるようにしたいところです。しかし注意点があります。まず忌み言葉は絶対に使ってはいけません。開店のような非常におめでたい場において忌み言葉は失敗を意味します。相手にとって非常に失礼にあたるので細心の注意が必要です。また開店においては結婚式のようなものとはまた異なるので特に気を付ける必要があります。もしどうしても書き方が分からない場合はメッセージを添えないのも一つの方法です。贈り物をする際に直接お祝いの言葉を簡単に伝えておくと良いでしょう。手紙という形にしなくても、相手にお祝いの気持ちが伝われば十分です。

イラスト付きでわかりやすく、お手入れのポイントをまとめていますので、普段あまりお花を触らない方にも安心してお花をプレゼントして頂けます。 決められた時間に注文を受けた場合、3時間以内(またはお客様の指定時間)に間に合うようにお届けしており、お急ぎの場合も安心です。当社では、様々なシーンにおけるお祝い花の販売を行っており、様々なオーダーメイドにも対応し、迅速な配送を行っています。 開店祝いの花をお探しの方は【リンクフローリスト】